​セミナー
Seminar

国際医療スタッフのためのスキルアップセミナーを様々な領域で実施いたします。講演者と視聴者(参加者)との双方向のコミュニケーションを図りながら、ノウハウやベストプラクティスを学び、最新の医療事情をユニークな観点で

​取り上げていきます。

seminar@2x.png
海外のコロナ対応とビジネスへの影響
~OMETA会員 海外赴任者との情報交換~
第1回 OMETA-松本財団 ウエブ共催セミナー

OMETA (NPO法人 海外医療機器技術協力会)との共催で、OMETA会員社および松本財団関係者に対してのオンラインセミナーが実施されました。新型コロナウィルスに対する各国の取組は、その進捗度合対応も異なりますが、各国の実情のリアルなレポートをもとに課題を共有し、ビジネス対応の際の協力関係を再確認しました。

日   時:    2021年6月17日(木)

テーマ: 海外のコロナ対応とビジネスへの影響

6か国地図.png
ometa logo.png

内 容  :中国、インド、シンガポール、台湾、タイ、バングラディッシュなど

           から、新型コロナ対策の実情を報告。

対象 :OMETA会員企業ならびに松本財団関係者

セミナーの様子2R.png
アセット 4.png
OMETA セミナー クローズアップ.png
New Pink.png
​オランダのICTを利用した病院薬剤師業務の現状と今後

電子カルテをはじめ、ICT化の進む欧米でも注目されるオランダ。フォーマットは異なっても個人のデータを病院間でやり取りすることが一般的です。ICT化が進むことで薬剤師は臨床の分野への取り組みにもフォーカスでき、医療の質の向上につながります。患者志向の薬剤師のあり方はは、医薬分業が進む日本でも示唆的でも、より患者との対話に時間を割くべきという2番目に登壇した森氏の主張と同じで、医療に携わる他業種連携で医療の質を高める​いうという発想には共感する方も多かったようです。

日時  :​2018年4月11日(水)

場所  :​東京大学 薬学系研究棟2階 講堂

テーマ  :​オランダのICTを利用した病院薬剤師業務の現状と今後

​講師:

マチュー.png
森氏.png
ディスカッション.png

マチュー・チュング氏

​オランダに医療システムの独自性を浮き彫りにしたうえで、将来の薬剤師のあるべき姿を説く。

森 玄氏

​薬剤師は患者との対話の時間が少ないと数字を挙げて主張。日本の薬剤師のクオリティアップの方向性を熱く語る。

青木眞氏(左)

​医療事情に精通しており、日蘭の文化の違いなどを説明しながら巧みにディスカッションをコーディネート。