​医療人材助成制度について 
​Support for healthcare staff

松本財団では、海外で通用する医療人材育成のための、助成制度を設けています。

現在、看護師のための海外学会発表助成制度運営委員会を設置し、支援を実施しています。

 
看護師のための海外学会発表助成制度

HAICS研究会(Healthcare Associated Infection Control Support)は日本における医療関連感染制御活動の支援を目的として2006年4月に特定非営利活動法人として創設された団体です。主な活動は病院感染サーベイランスの導入支援、感染制御の専門家である感染管理認定看護師(CNIC:認定ICN)のキャリアップ支援、在宅ケア感染予防支援など。松本財団では、感染対策に関する自らの実践や研究を海外学会で発表する看護師に対してその費用の一部を助成する助成制度をHAICS研究会の協力で始めました。

第一回目の助成対象は、2019年3月19日-22日ベトナム・ダナンで開催されたAPSIC2019となりました。

APSIC2019で、2名の支援者が無事発表を終えました。

最優秀賞の細田清美様(福井県済生会病院)並びに奨励賞の篠原久恵様(広島市医師会運営・安芸市民病院)の2名による発表レポートはこちらからご覧になれます。

最優秀賞 細田清美様(福井県済生会病院)

療環境における一価銅化合物による感染対策の検証


 

奨励賞 篠原久恵様(広島市医師会運営・安芸市民病院)

尿道留置カテーテル関連感染の予防のための感染管理認定看護師による院内認定制度の導入

 

松本財団の「看護師のための海外学会発表助成制度」で奨励賞をとられた
篠原 久恵さんが「2019年度の日本環境感染学会のトラベルアウォード」* を受賞されました。
 * 海外の学会での医療関連感染症に関する発表者を支援するために設立された賞

http://www.kankyokansen.org/modules/news/index.php?content_id=322

一般財団法人松本財団「看護師のための海外学会発表助成制度」運営委員会

© 2018 Matsumoto Global  Foundation