​松本ミュージアム  
Museum

松本財団の国際医療協力活動を通じて、寄贈された諸外国の製品とこれまでの国際交流の軌跡をたどる写真を展示しております。所蔵品は多岐にわたり文化財としての価値も大きく、これまでの交流の広さを物語っています。​常設の展示は少ないのですが今後はテーマごとの展示を行ってまいります。

​確かな足跡は40か国からの友好の品に刻まれています

日本橋の古い姿を描いた絵画と共に海外から珍しい小物類。意匠の数々にクラフトマンシップが感じられる。

イランのペルシャ織の刺繍絵。2014年11月雑誌Wedge(ウェッジ)インタビュー時の松本の姿。

インドのテランガーナ州政府より寄贈されたCheriyal paintingの絵皿。テランガーナ州のに伝わる伝説をモチーフにしたデザイン。

右側の花瓶は韓国の得意先から寄贈された古青磁。立体的に重なる花柄の文様が丁寧に描かれ、その技法が秀逸。

杭州訪問時に現地で詠んだ詩。日中合作。西湖に入水した中国四大美人の西施と風景を詠んでいる。

ウズベキスタンの対外貿易投資大臣から寄贈された装飾の美しい置物。花をモチーフして、色彩豊かな四季を表現している。

寄贈された民芸品の中でもトルコの神秘的なセマーダンスを躍るセマーゼン(踊り子)は、神との一体化を求めてひたすらくるくる回り続けることで有名。

左からウズベキスタンの男性衣装、カザフスタンの男性と女性衣装。いずれも肩から裾まで見事な刺繍が施されている。

中国の景泰藍という有線七宝。明の景泰年間 に盛んに作られ,精緻な技巧で評価が高い。古い中国七宝の別名としても使われる。

​世界中の政・財界人との交流は、財団の活動の支えにもなっています

カストロ議長との運命的な出会い

​1978年

1978年、キューバ共和国を初めて訪問。故フィデル・カストロ議長と出会う。それを契機に1980年代初頭から92年迄10年間、医療機器の工場を操業した。ソ連邦崩壊と共に撤退したが、2015年より工場再開にむけて始動。写真は、展示会場を視察の時に撮影されたもの。

ウズベキスタン共和国

イスラム・カリモフ大統領を訪問
​2015年

2015年10月、安倍総理の中央アジアミッションで、ウズベキスタン共和国の故イスラム・カリモフ大統領(2016年9月逝去)を訪問。イスラム・カリモフ大統領は、1991年、ロシアから独立以来、25年間にわたって大統領を務めた。

安倍総理

中央アジアミッションに随行
​2015年

2015年10月、歴代総理で始めてモンゴル共和国と中央アジア5か国(トルクメニスタン・ウズベキスタン・カザフスタン・キルギス・タジキスタン)を訪問した安倍総理のミッションに随行

キューバ、バラデロビーチ

​1978年 (番外編)

コロンブスが「人間の目が見たもっとも美しい島」という言葉を残したと言われるキューバ。その最大のビーチリゾート、バラデロビーチで同僚とくつろぐ松本財団会長。当時30代半ば。ムチャチャボニート!

旭日中綬章受賞祝賀会で

元小泉首相と

​2008年 

2007年11月、秋の叙勲において旭日中綬章を受章。翌年2月、15名の発起人により、帝国ホテル富士の間にて祝賀会が開催された。乾杯のご発声は、元内閣総理大臣の小泉純一郎氏。

モルドバの首都キシナウにて

​2013年

「世界と日本のヘルスケアにおける最近の状況と課題」というテーマで松本セミナーを開催した。開催にあたって、首相官邸を訪問し
てモルドバ大統領に表敬訪問をした。

© 2018 Matsumoto Global  Foundation